スポーツ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県高校総合体育大会(県高校総体)の代替大会(神戸新聞社後援)は11日のサッカー男子で熱戦がスタートする。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となった夏季全33競技のうち、9日現在で18競技の開催が決定。地区別の開催や特別ルールの導入など、各競技は異例の大会運営を強いられるが、多くの3年生にとっては集大成の舞台となる。

 これまでに代替大会の開催が正式に決まっているのは、陸上▽水泳(競泳、水球)▽バスケットボール▽バレーボール▽卓球▽ソフトテニス▽ハンドボール▽サッカー▽ソフトボール▽ボート▽弓道▽テニス▽重量挙げ▽アーチェリー▽なぎなた▽ゴルフ▽カヌー▽ライフル射撃-の18競技。残りの一部競技でも開催に向けての検討が続いている。

 新型コロナ予防対策として、基本的に無観客での開催。日程上の問題や移動のリスクなどを考慮し、陸上や卓球、バレーボールなどは各地区別に行われるほか、3年生の登録がないチームは参加不可(ハンドボール、ソフトボール)▽8強決定時点で打ち切り(バスケットボール、サッカー男子)▽タイムレース決勝で順位を決定(競泳)▽ダブルスの中止(卓球)-など、大半の競技が従来の県高校総体とは異なる形式で実施される。(大原篤也)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ