スポーツ

  • 印刷
新たな得点源として期待されるINAC神戸の田中=神戸市東灘区、神戸レディースフットボールセンター(撮影・大森 武)
拡大
新たな得点源として期待されるINAC神戸の田中=神戸市東灘区、神戸レディースフットボールセンター(撮影・大森 武)

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグは18日、三重交通Gスポーツの杜鈴鹿などで、新型コロナウイルス禍により約4カ月遅れ、無観客で開幕した。7年ぶりの優勝を目指すINAC神戸は伊賀に1-0で勝ち、白星発進した。新加入の田中が決勝点を奪った。

 昨季2位の浦和は千葉に4-2で勝利。日本代表の菅沢やドイツから復帰の猶本が得点した。今季昇格組同士の対戦はC大阪堺が愛媛に3-2で逆転勝ち。0-2から追い付き、終了間際に宝田のゴールで勝ち越した。

 6連覇を目指す日テレは19日が初戦で、ノジマステラ神奈川相模原と対戦する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ