スポーツ

  • 印刷
男子やり投げ決勝 兵庫高校新記録となる72メートル00で2位に入った巌優作=ユニバー記念競技場(撮影・後藤亮平)
男子やり投げ決勝 兵庫高校新記録となる72メートル00で2位に入った巌優作=ユニバー記念競技場(撮影・後藤亮平)

 陸上の兵庫選手権(神戸新聞社後援)最終日は9日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で延期となっていた第1日の種目が行われ、男子やり投げはディーン元気(ミズノ)が76メートル45の大会新記録で頂点に立ち、巌優作(市尼崎高)が72メートル00の兵庫高校新記録で2位になった。

 男子やり投げは、記録保持者2人が大きな放物線を描いた。2回目に巌(市尼崎高)が72メートル00をマークし、先月下旬に自身が樹立した兵庫高校記録を9センチ更新。4回目、後輩へ見本を示すように、兵庫記録を持つディーン(ミズノ)が76メートル45の大会新記録を出した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ