スポーツ

  • 印刷
ラグビー男子7人制の日本代表候補、石田吉平(左)。ステップワークを武器にトライを狙う=2019年3月、カナダ・バンクーバー((c)JRFU)
ラグビー男子7人制の日本代表候補、石田吉平(左)。ステップワークを武器にトライを狙う=2019年3月、カナダ・バンクーバー((c)JRFU)

 高校1年で目標に定めた「五輪」に近づいている。ラグビー男子7人制で兵庫県尼崎市出身の石田吉平(明大)は日本代表候補で最年少の20歳。167センチの小兵ながらフォワード経験もあるアタッカーだ。東京大会の1年延期は「プラスでしかない」と成長を加速させる。

 「ラグビーやってみない?」。4歳の時、同じマンションの住民で息子にラグビーをさせていた“おばちゃん”に声を掛けられた。同年代に比べて体が大きく、試しに尼崎ラグビースクールの門をたたいた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月2日)

  • 27℃
  • 18℃
  • 0%

  • 28℃
  • 14℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ