スポーツ

  • 印刷
女子15・16歳100メートル自由形で1着になった片山珠里
拡大
女子15・16歳100メートル自由形で1着になった片山珠里

 競泳の全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季大会、高校・中学校47都道府県通信大会チャレンジ兵庫県大会兼短水路日本選手権チャレンジ(神戸新聞社後援)最終日は13日、神戸市立ポートアイランドスポーツセンターであり、15・16歳の女子100メートル自由形は片山珠里(神戸野田高)が57秒01を出し、1着だった。

 中学で活躍した神戸野田高1年の片山が、順調な成長ぶりを見せた。女子15・16歳100メートル自由形で57秒01を出し、ジュニアオリンピックカップなどの標準記録を悠々と破った。

 166センチの長身選手は力強い水かきで序盤から攻め、中間点を27秒35で通過。「残り25メートルからスピードを維持できなかった」というが、後続との差は広がる一方だった。

 神戸市立歌敷山中では全国大会や国体で表彰台に立ち、50メートル自由形の県中学記録を持つ。「私は1人行動が多い。野田なら自分の思うようにできる」と水泳部のない高校に進み、引き続きルネサンス神戸で鍛錬する。

 コロナ禍も「いい強化期間になる」と前向きに捉え、腕や脚の筋力アップに励む。「2年生からインターハイ、国体の上位を狙う。トップ選手と言われるようになりたい」と誓った。(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ