スポーツ

  • 印刷
新ユニホームを披露した久光の(左から)井上愛里沙、戸江真奈、石井優希(久光スプリングス提供)
拡大
新ユニホームを披露した久光の(左から)井上愛里沙、戸江真奈、石井優希(久光スプリングス提供)

 バレーボールのVリーグが来月開幕するのを前に、1部(V1)女子の久光スプリングス(練習拠点・神戸市)は20日、チームの公式ユーチューブチャンネルで新ユニホームを発表し、続いてオンラインで会見した。新主将の戸江真奈は「優勝を目指して毎年やっている。勝つことにこだわりを持って、いいチームをつくり上げていきたい」と意気込みを語った。

 昨季は7位に終わり、2年ぶりの頂点を狙う久光は、長くチームを支えてきた新鍋理沙さんが現役を引退。主軸を担う日本代表の石井優希は、来年に延期となった東京五輪も意識し「日本が勝つためにどういう役割が求められているのかを明確にし、Vリーグを通していいパフォーマンスを発揮したい」と誓った。

 新ユニホームは青、赤、黒の3種類で、例年と比べ生地が薄くて動きやすいという。井上愛里沙は「背番号や名前が大きくなり、皆さんにも分かりやすい」とファンにPRした。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ