スポーツ

  • 印刷
関学大-同大 第1クオーター、タッチダウンを決める関学のRB三宅(左)(撮影・斎藤雅志)
拡大
関学大-同大 第1クオーター、タッチダウンを決める関学のRB三宅(左)(撮影・斎藤雅志)

 関西学生アメリカンフットボールは18日、神戸市灘区の王子スタジアムで1部トーナメントの1回戦残り2試合があり、関学大は55-13で同大に圧勝した。神戸大は15-10で近大に競り勝った。勝者の両校は11月8日、同スタジアムで行われる準決勝(無観客試合)で対戦する。

 関学大は、RB三宅のキックオフリターンタッチダウン(TD)など第1クオーター(Q)だけで4TDを奪った。その後もQB山崎のTDランなどで着実に加点した。

 神戸大は第1Q、RB東瀬のTDランで先制すると、1点を追う第3Qに再び東瀬がTDランを決めて逆転。堅い守りで逃げ切った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ