スポーツ

  • 印刷
西宮東-報徳 後半、ヘディングで追加点を決めた船越(18)を祝福する報徳イレブン(撮影・中西幸大)
拡大
西宮東-報徳 後半、ヘディングで追加点を決めた船越(18)を祝福する報徳イレブン(撮影・中西幸大)

 サッカーの兵庫県高校選手権を兼ねた第99回全国高校選手権兵庫県予選(神戸新聞社後援)の決勝ラウンド第2日は24日、報徳高ほかで2回戦16試合があり、16強が出そろった。2連覇を目指す神戸弘陵は15-0で三田松聖に圧勝。2年連続準優勝の県西宮も6-0で龍野に大勝した。前回4強の報徳は2-0で西宮東に完封勝ち。市尼崎は7-0で伊川谷北を下した。3試合がPK戦にもつれ、明石城西は1-1からのPK戦を7-6で制し、明石商との地元対決をものにした。

 第3日は25日、県内各地で3回戦8試合があり、ベスト8が決まる。

【試合結果・成績】こちら ※会員(有料)向け

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ