スポーツ

  • 印刷

 陸上の全国高校大会最終日は25日、エディオンスタジアム広島で行われ、兵庫勢では女子七種競技で中尾日香(長田)が4734点で2位、松下美咲(滝川第二)が4572点で5位に入った。男子の400メートル障害は森高颯治朗(報徳)が52秒41で3位に入賞した。円盤投げは鶴崎誠(宝塚東)が47メートル34で5位、永井裕斗(姫路商)が46メートル76で7位。女子走り高跳びの宗沢ティファニー(滝川第二)は1メートル68で7位タイだった。

 男子砲丸投げは日本高校記録保持者のアツオビン・ジェイソン(大阪桐蔭)が18メートル24で快勝。200メートルの男子は三輪颯太(埼玉・西武学園文理)が20秒88、女子は石川優(神奈川・相洋)が追い風参考の23秒82で制し、ともに100メートルとの2冠に輝いた。

 同時開催のU20全国大会の女子200メートルは井戸アビゲイル風果(甲南大)が24秒15で制した。同400メートル障害は中野菜乃(武庫川女大)が58秒94で優勝。走り幅跳びは高良彩花(筑波大、園田高出)が6メートル18で勝った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月27日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 17℃
  • 9℃
  • 70%

  • 18℃
  • 11℃
  • 40%

  • 18℃
  • 9℃
  • 40%

お知らせ