スポーツ

  • 印刷
男子団体決勝リーグ・育英-滝川第二 隙を突いて面を決める育英の次鋒谷川(左)
男子団体決勝リーグ・育英-滝川第二 隙を突いて面を決める育英の次鋒谷川(左)

 剣道の兵庫県高校新人大会を兼ねた高砂市長杯争奪高校大会(神戸新聞社後援)第2日は21日、高砂市総合体育館で男子団体戦があり、ベスト4による決勝リーグで3戦全勝した育英が5年連続26度目の優勝を遂げた。

 育英は圧倒的な総合力で5連覇を飾った。コロナ禍で満足に稽古ができない中、3年生を相手に鍛錬した日々が実を結び、浦監督は「伝統の力。気力で実力を補えた」とうなずいた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ