スポーツ

  • 印刷
 通算15アンダーで優勝を飾り、カップを手に笑顔の古江彩佳=エリエールGC松山
拡大
 通算15アンダーで優勝を飾り、カップを手に笑顔の古江彩佳=エリエールGC松山

 女子ゴルフの大王エリエール・レディース最終日は22日、愛媛県エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で行われ、単独首位で出た20歳の古江彩佳(滝川第二高出)が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダー、269で伊藤園レディースに続く2週連続優勝を果たし、賞金1800万円を獲得した。今季3勝目でアマチュアだった昨年の1勝を含め通算4勝目。

 3打差の2位はイ・ミニョン(韓国)で、さらに3打差の3位は19歳の笹生優花と菊地絵理香。前日14位の渋野日向子がこの日のベストスコアの66、通算8アンダーで今季最高の5位に入った。(出場55選手=アマ2、曇り、気温18・2度、北の風2・0メートル、無観客)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ