スポーツ

  • 印刷
 2年連続3度目の優勝を決め、笑顔でゴールする日本郵政グループのアンカー・大西ひかり=弘進ゴムアスリートパーク仙台
拡大
 2年連続3度目の優勝を決め、笑顔でゴールする日本郵政グループのアンカー・大西ひかり=弘進ゴムアスリートパーク仙台

 全日本実業団対抗女子駅伝は22日、宮城県松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間、42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3度目の優勝を果たした。1区の広中璃梨佳が31秒のリードを奪い、2位で迎えた5区で東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子が区間1位の快走を見せ逆転。アンカー大西ひかり(須磨学園高出)も区間賞の走りで後続を突き放した。

 3区で新谷仁美が区間記録を塗り替えた積水化学が1分16秒差の2位、豊田自動織機が3位。ワコールは4位で、マラソン代表の一山麻緒は3区で区間3位だった。

 5位のデンソー、6位のヤマダ、7位のパナソニック、8位の九電工までが来年のシード権を獲得した。マラソン代表の前田穂南(尼崎市立園田東中-大阪薫英女学院高出)が3区で区間8位だった天満屋は11位。兵庫のシスメックスは2時間22分49秒で20位だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、沿道での応援自粛を呼び掛けるなどして行われた。

■前田「体動かなかった」

 東京五輪マラソン代表の前田は最長3区で18位から順位を五つ上げた。ただ、区間8位で天満屋も11位に沈み「思ったより体が動かなかった。順位もなかなか上げられず、すごく悔しさがある」と無念そうだった。

 今年はスピード強化に取り組んだ。ハイペースでも楽に走れるようになり「力がついてきた」と手応えを口にする。12月20日の山陽女子ロードが年内ラストレースとなる予定。「速いペースで押して走って、マラソンにつながるレースにしたい」と意気込んだ。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ