スポーツ

  • 印刷
天理を下して優勝し、歓喜に沸く報徳フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・吉田敦史)
拡大
天理を下して優勝し、歓喜に沸く報徳フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・吉田敦史)
天理-報徳 前半、報徳の西崎海人(左端)が抜け出して先制トライを決める=花園ラグビー場(撮影・吉田敦史)
拡大
天理-報徳 前半、報徳の西崎海人(左端)が抜け出して先制トライを決める=花園ラグビー場(撮影・吉田敦史)

 ラグビーの第100回全国高校大会近畿代表1枠を懸け、各府県予選2位校が争う「オータムブロックチャレンジトーナメント」の決勝が23日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場第2グラウンドであった。報徳(兵庫)は15-7で天理(奈良)を下し、5大会連続46度目の花園出場を決めた。

 報徳は前半13分、プロップ西崎が先制トライとCTB伊藤のゴールで7-0とリード。終盤、天理の猛攻を受けたが、無失点でしのいだ。後半はCTB山村のトライ、伊藤のPGなどで着実に加点。天理に1トライを返されたが、集中した防御で守り抜いた。

 報徳は、兵庫県予選を制した関学とともに、12月27日に花園ラグビー場で開幕する全国高校大会に出場する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ