スポーツ

  • 印刷
坂本花織(資料写真)
拡大
坂本花織(資料写真)
三原舞依(資料写真)
拡大
三原舞依(資料写真)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。26日に公式練習が行われ、女子は坂本花織(シスメックス、神院大)や三原舞依(シスメックス、甲南大)らが精力的にジャンプを跳んだ。

 女子の坂本と三原はフリーの曲をかけながらジャンプを繰り返し、順調な調整ぶりを見せた。

 坂本は初出場のNHK杯に「わくわくしている」と笑み。西日本選手権後、振付師のリショー氏からショートプログラム(SP)の構成変更が「LINE(ライン)で来た」と明かし、冒頭の連続3回転を後半に変え、単発の3回転はループからルッツにして難易度を上げる。「今の私ができるマックス」と限界に挑む。

 三原は2季ぶりの国際大会に臨む。復帰シーズンながら大会ごとに状態を上げ、西日本から練習量を増やして体力アップを図ってきた。フリーは妖精がテーマ。「森の中に皆さんを招待できるように、壮大に滑りたい」と曲の世界観を表現する。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ