スポーツ

  • 印刷
空手の兵庫県高校新人大会で女子団体組手を制した東灘の部員たち。前列の5人が優勝メンバー=神戸市東灘区の同校
空手の兵庫県高校新人大会で女子団体組手を制した東灘の部員たち。前列の5人が優勝メンバー=神戸市東灘区の同校

 11月の兵庫県高校新人空手大会で、女子の東灘が団体組手を制した。女子は県高校総体を通じ、形競技を含めて初の団体タイトル。今大会、階級別の個人組手で優勝した選手はおらず、神宮監督は「スーパースターはいない。5人が光った」とたたえる。(有島弘記)

 名門夙川が牙城とした団体組手だったが、人数不足で欠場。混戦模様の大会で、東灘は兵庫工との決勝を迎えた。先鋒(せんぽう)森は相手エースと対戦。中学時代はバレーボール部員だったが「1番手は雰囲気をつくることが大事」と3-4の接戦に持ち込むと、次鋒の横山主将が「ここを落とすと、きつくなる」と4-1の完勝。続く1年生の田畑、冨松を終えて2勝2敗、総ポイントで12-10と2点リードを保った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ