スポーツ

  • 印刷

 陸上の日本選手権長距離種目は4日、東京五輪代表選考会を兼ねて大阪市のヤンマースタジアム長居で開催される。この日を含めて五輪の参加標準記録を突破した選手が優勝すれば代表に決定。既に標準記録を突破している女子5000メートルの田中希実(豊田自動織機TC、西脇工高出)と広中璃梨佳(日本郵政グループ)、同1万メートルの新谷仁美(積水化学)に注目が集まる。

 ほかの兵庫勢では、男子5000メートルに藤本珠輝(日体大、西脇工高出)、高田康暉(住友電工)がエントリー。同1万メートルは社会人ルーキーの今井崇人(旭化成、宝塚北高-立命大出)、同3000メートル障害はベテラン篠藤淳(山陽特殊製鋼、飾磨工高-中央学院大出)が名を連ねた。

 女子1万メートルには全日本実業団対抗女子駅伝で優勝テープを切った大西ひかり(日本郵政グループ、須磨学園高出)、須磨友が丘高出身の竹地志帆(ヤマダ)、同3000メートル障害には瀬川帆夏(シスメックス)、藪田裕衣(大塚製薬、市尼崎高-京産大出)が出場する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ