スポーツ

  • 印刷
女子5000メートル決勝 広中瑠梨佳(右端)を追走する田中希実(259)=撮影・中西幸大
拡大
女子5000メートル決勝 広中瑠梨佳(右端)を追走する田中希実(259)=撮影・中西幸大
西脇署で一日警察署長を務めた西脇工高1年時の田中希実(左から3人目)=西脇市
拡大
西脇署で一日警察署長を務めた西脇工高1年時の田中希実(左から3人目)=西脇市

 田中希実(豊田自動織機TC)が日本選手権女子5000メートルで優勝し、東京五輪代表に内定した。2008年北京五輪女子5000メートル代表の小林祐梨子さんも同じ小野市出身。トラックで五輪代表の座を射止めた2人だが、高校時代は駅伝でも脚光を浴びた。

 田中は西脇工高時代、兵庫県高校駅伝1区で3年連続区間新記録で区間賞を獲得し、3年連続優勝で全国高校駅伝出場を果たした。3年連続区間新記録の偉業は小林さんが須磨学園高時代に達成(3区、4区、2区)して以来、大会史上2人目。田中の母千洋さん(旧姓小倉)は小野高時代に2年連続アンカーで区間新記録をマークして区間賞に輝き、希実と同様に3年連続で県大会優勝を経験している。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ