スポーツ

  • 印刷
日ノ本-大商学園 PK戦の末に敗退が決まり、表情をゆがめるDF竹重(中央右)ら日ノ本イレブン(撮影・有島弘記)
日ノ本-大商学園 PK戦の末に敗退が決まり、表情をゆがめるDF竹重(中央右)ら日ノ本イレブン(撮影・有島弘記)

 前回大会に続き、無失点のまま大会を去ることになった。日ノ本は0-0からのPK戦の末、関西のライバルに屈し、3大会ぶりの2回戦敗退。先蹴りの1人目で失敗した山田主将は「重心が後ろだった」と振り返り、「相手に合わせて蹴るサッカーになってしまった」と、80分間の戦いぶりにも悔いを残した。

 被シュートはわずか2。来季からプロの舞台に進む2人が危険な場面をつくらせなかった。INAC神戸に入団内定のDF竹重が中央ではね返し、長野に加入する小鍜治は左サイドで起点となった。ただゴールを脅かす場面は少なく、「私があれを決めていれば」と小鍜治。前半終了間際のFKに合わせた右足シュートはポストを直撃した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ