スポーツ

  • 印刷
神戸市立-函館 後半10分、モールで押し込みトライにつなげる神戸市立フィフティーン
拡大
神戸市立-函館 後半10分、モールで押し込みトライにつなげる神戸市立フィフティーン

 ラグビーの全国高専大会第2日は5日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場などで準々決勝が行われ、初戦となった神戸市立(開催県)は98-6で函館(北海道)に大勝し、21大会連続の4強入りを果たした。3連覇を目指す奈良(近畿)、津山(中国・四国第1)、宇部(中国・四国第2)も準決勝に駒を進めた。

 神戸市立は試合開始早々、プロップ前が先制トライを奪うと、前半だけで7トライ。後半はさらに攻勢に出てロック佐伯の連続トライなど計9トライを積み上げた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ