スポーツ

  • 印刷
男子準々決勝・松本国際-市尼崎 第1セット、市尼崎の坂本(7)がスパイクを決める
男子準々決勝・松本国際-市尼崎 第1セット、市尼崎の坂本(7)がスパイクを決める

 伝統の粘り強さに加え、高さを生かした爆発力のある攻撃。持ち味を存分に発揮した男子の市尼崎(兵庫県尼崎市)が2年ぶりの準決勝に歩を進めた。

 準々決勝は高速コンビバレーを武器とする松本国際が相手。「焦らずやっていこうと思った」という2年生の白井ら、安定した守備から多彩な攻撃を展開した。190センチのエース坂本が力強いスパイクを相手ブロックの上から打ち込めば、もう1人のエース佃は厳しいコースに打ち分けた。橘、中村のセンター線も要所で得点。前回大会4強の強豪を圧倒した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ