スポーツ

  • 印刷
男子100メートル背泳ぎを兵庫県新記録で制し、表彰される日大の金本祐伎(コナミ西宮)
拡大
男子100メートル背泳ぎを兵庫県新記録で制し、表彰される日大の金本祐伎(コナミ西宮)
男子50メートル自由形決勝 大会新記録で優勝した重本孝太郎(須磨学園高)=尼崎市、尼崎スポーツの森
拡大
男子50メートル自由形決勝 大会新記録で優勝した重本孝太郎(須磨学園高)=尼崎市、尼崎スポーツの森
男子100メートルバタフライを大会新記録で制した中京大の佐伯勇武(左端)=尼崎市、尼崎スポーツの森
拡大
男子100メートルバタフライを大会新記録で制した中京大の佐伯勇武(左端)=尼崎市、尼崎スポーツの森

 25メートルプールで争う競泳の兵庫県短水路選手権(神戸新聞社後援)最終日は11日、尼崎市の尼崎スポーツの森であり、男子100メートル背泳ぎは日大3年の金本祐伎(コナミ西宮)が53秒25で自身の持つ県記録を4年ぶりに塗り替え優勝した。大平理登(須磨学園高)は53秒31の県高校新記録で2位に入った。

 男子の50メートル自由形は重本孝太郎(須磨学園高)が22秒64で8年ぶりに大会記録を更新して1位。100メートルバタフライの佐伯勇武(中京大、須磨学園高出)は12年ぶりの大会新記録となる51秒38で制した。女子50メートル自由形は舩本愛子(赤穂SS)が25秒60で3連覇した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ