スポーツ

  • 印刷
早大の相良南海夫監督と健闘をたたえ合う天理大の松岡大和主将(右)=日本ラグビーフットボール協会提供
拡大
早大の相良南海夫監督と健闘をたたえ合う天理大の松岡大和主将(右)=日本ラグビーフットボール協会提供
優勝杯を手にして歓喜の雄たけびをあげる天理大の松岡大和主将ら(日本ラグビーフットボール協会提供)
拡大
優勝杯を手にして歓喜の雄たけびをあげる天理大の松岡大和主将ら(日本ラグビーフットボール協会提供)
優勝杯を手にする天理大の松岡大和主将(日本ラグビーフットボール協会提供)
拡大
優勝杯を手にする天理大の松岡大和主将(日本ラグビーフットボール協会提供)

 ラグビーの全国大学選手権を制して、天理大が初めて大学日本一の称号を手にした。昨年の8月中旬から9月上旬にかけて、寮生活を送る部員が新型コロナウイルスに感染。クラスター(感染者集団)を経験しながらも、チームは一丸となって悲願を成就させた。

 約1カ月の活動休止に追い込まれ、寮は一時閉鎖となった。感染者が次々に増え、対応に追われた。小松節夫監督は「どういう形で、いつウイルスが入ってきたのか分からない」と振り返った。一般の学生に対する誹謗(ひぼう)中傷もあり、心を痛めた。

 関西大学リーグは開催可否が検討された。4年生は公式戦がないまま引退する可能性もあった。落ち込む選手を、松岡大和主将(甲南高出)は前向きな言葉で支えた。「大会があることを信じて頑張り続けよう」

 例年より圧倒的に実戦経験が少ないチームは、試合をこなすごとに自信を深めていった。関西大学リーグで5連覇を達成。重圧から解放されたかのように、全国の舞台でも躍動した。

 15人が体を張って献身的に動き、準決勝では、関東大学対抗戦王者の明大を撃破。決勝では、前回大会準決勝で大敗を喫した早大に雪辱した。

 松岡主将は「たくさんの人に迷惑をかけた。感謝の気持ちだけでなく、日本一を勝ち取ることで恩返ししたい」。その思いは結実した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ