スポーツ

  • 印刷
女子52キロ級決勝 2連覇した武庫川大付の山下葵生(右)
拡大
女子52キロ級決勝 2連覇した武庫川大付の山下葵生(右)
女子63キロ級決勝 優勝した武庫川大付の佐々木優衣(右)
拡大
女子63キロ級決勝 優勝した武庫川大付の佐々木優衣(右)
男子90キロ級を制した報徳の片山凪
拡大
男子90キロ級を制した報徳の片山凪

 柔道の近畿高校新人大会は23日、兵庫県姫路市のウインク武道館で開幕して個人の男女各7階級が行われ、女子は52キロ級の山下葵生が2連覇し、63キロ級の佐々木優衣が初優勝と、武庫川大付勢が2階級で頂点に立った。同校の複数階級制覇は初めて。

 男子は兵庫勢の優勝が1階級のみで、90キロ級で片山凪(報徳)が初制覇を果たした。新型コロナウイルス感染拡大を受け、今大会は無観客で実施する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ