スポーツ

  • 印刷

 東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第4日は6日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、男子200メートルバタフライは19歳の本多灯(アリーナつきみ野SC)が1分54秒88で2連覇し、初の五輪代表入りを決めた。瀬戸大也(TEAM DAIYA)は1分55秒20で2位に入り、個人メドレー2種目と合わせ、3種目で代表となった。幌村尚(あいおいニッセイ同和損保、西脇工高出身)は5位だった。

 女子200メートル自由形は白井璃緒(東洋大、宝塚東高出)が1分58秒37で2位となったが、派遣標準記録を突破できず、代表入りを決められなかった。五十嵐千尋(T&G)が1分57秒47で1位となり、800メートルリレーの選考基準を満たして2大会続けて代表に入った。

 女子200メートル個人メドレーは寺村美穂(セントラルスポーツ)が2分9秒55で2連覇し、2大会連続の代表入り。大橋悠依(イトマン東進)は0秒12差の2位となり、400メートル個人メドレーに続き代表切符を手にした。

 女子1500メートル自由形は森山幸美(SWANS)が16分17秒60で勝ったが、派遣標準記録には届かなかった。

 男子200メートル平泳ぎ準決勝は武良竜也(BWS)が2分8秒08でトップ。渡辺一平(トヨタ自動車)は2位、佐藤翔馬(東京SC)は3位で7日の決勝に進んだ。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ