スポーツ

  • 印刷
女子200メートル背泳ぎ決勝のレース後に、タイムを確認する優勝した小西杏奈。東京五輪の派遣標準記録には届かなかった
女子200メートル背泳ぎ決勝のレース後に、タイムを確認する優勝した小西杏奈。東京五輪の派遣標準記録には届かなかった

 派遣標準記録にわずか100分の7秒届かず、女子200メートル背泳ぎの五輪切符は得られなかった。それでも小西はすっきりとした笑顔だった。理想のレース運びができ、日本選手権で初めて、同100メートルとの2冠を達成できたからだ。

 スタートから一度も先頭を譲らなかった。リラックスを心掛けながら半身ほど抜け出すと、中間点で「今から100メートルを泳ぐ気持ちで」と切り替えた。最後の直線でバサロキックを強め、リードを広げた。粘りをつけるため200メートルの練習に力を入れたことで、両種目に好影響が出たようだ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月12日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ