スポーツ

  • 印刷
女子SPの演技を終えた紀平梨花
女子SPの演技を終えた紀平梨花

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒しても、紀平は前向きだった。2日前に腰を痛め、大技を回避する選択肢もあったが、「感覚は良かったので挑むべきかなと。挑戦したからこそ学べたこともある」。その後のジャンプは立て直し、SP4位につけた。

 SP2位からまさかの7位に失速した世界選手権。「切羽詰まった感じが良くなかった」と内面を見つめ、練習から楽しむことを意識したという。腰痛でさらなる試練が訪れたが、「日常生活からあまり動かないようにしている」と公式練習のジャンプも数を控え、本番に全てを注いだ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ