スポーツ

  • 印刷
報徳-神戸科技 前半、相手を突き放して前進する報徳の石橋(左)
報徳-神戸科技 前半、相手を突き放して前進する報徳の石橋(左)

 報徳が危なげなく7度目の頂点に立った。決勝も9トライを奪って無失点。西條監督は「持ち味のボールが動いて良かった」とたたえた。

 象徴が前半の3本目のトライ。伊藤がぎりぎりまで相手を引きつけ、並走していたゲームキャプテンの桃田にパスを出し、独走へと導いた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ