スポーツ

  • 印刷
神戸-広島 前半、ドリブルで切れ込み、先制ゴールを決める神戸の古橋(中央)=撮影・小林良多
神戸-広島 前半、ドリブルで切れ込み、先制ゴールを決める神戸の古橋(中央)=撮影・小林良多

 今の古橋に相性の悪さは関係ない。直近6試合6得点と乗りに乗る神戸のエースが、持ち味のスピードを生かして2ゴール。2015年を最後に勝てていなかった広島から、6年ぶりの白星をもぎとった。

 走りだすたびに得点のにおいがした。前半9分、左奥に流れながらサンペールのミドルパスを引き出して惜しいシュートを放った、その2分後だった。山口の浮き球に反応してDFの裏で受け、ドリブルで侵入。GK手前で滑り込みながらゴール左隅に流し込んだ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る

天気(6月14日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ