スポーツ

  • 印刷
女子シンクロ高飛び込み決勝 7位に入ったJSS宝塚の荒井祭里(左)と板橋美波(撮影・堀内 翔)
拡大
女子シンクロ高飛び込み決勝 7位に入ったJSS宝塚の荒井祭里(左)と板橋美波(撮影・堀内 翔)

 飛び込みの東京五輪最終予選とテスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)第2日は2日、東京アクアティクスセンターで行われ、女子シンクロ高飛び込みで板橋美波、荒井祭里組(JSS宝塚)は281・58点で7位だった。メーガン・ベンフィート、ケーリ・マッケイ組(カナダ)が305・94点で優勝した。

 男子シンクロ板飛び込み予選で、五輪代表に決まっている寺内健(ミキハウス、宝塚市出身)坂井丞(ミキハウス)組は坂井の体調不良により、棄権した。ダニエル・グッドフェロー、ジャック・ロアー組(英国)が440・94点で勝った。

 開催国枠が一つずつあるシンクロ種目の五輪代表は、今回の結果を基に日本水連の選手選考委員会が総合的に判断する。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る

天気(6月14日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ