スポーツ

  • 印刷
神戸製鋼コベルコスティーラーズのロゴ
拡大
神戸製鋼コベルコスティーラーズのロゴ

 ラグビーのトップリーグ(TL)プレーオフトーナメント第6日の9日、準々決勝残り1試合が行われた。神戸製鋼(TLホワイト・カンファレンス2位)は静岡県のエコパスタジアムでクボタ(TLレッド・カンファレンス3位)と対戦し、21-23で競り負けた。

 神鋼は前半3分に先制トライを許すなど一時は0-17と苦境に立たされたが、同29分にクボタのSOフォーリーが危険なタックルで退場処分に。同39分、神鋼のSOパーカーがトライを奪い、10点差で試合を折り返した。

 神鋼は後半21分にPGを許して7-20とされたが、同23分、SH日和佐がトライ。7分後にはWTB山下楽が続き、途中出場のSOクルーデンのゴールキックも決まって21-20と逆転に成功した。

 ところが、PGで再び勝ち越しを許し、そのまま逃げ切られた。新型コロナウイルスで中止となった昨季を挟み、一昨季に続く頂点を目指した神鋼の戦いが終わった。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 19℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ