スポーツ

  • 印刷
ハンドボール男子決勝・神戸国際大付-高砂南 後半、シュートを放つ神戸国際大付の穴田=神戸市立中央体育館
ハンドボール男子決勝・神戸国際大付-高砂南 後半、シュートを放つ神戸国際大付の穴田=神戸市立中央体育館

 ハンドボール男子の神戸国際大付は、高砂南の猛追を5点差で振り切り王座を死守。実に13大会連続となる県の頂点にも、上野主将は「『大差で勝とう』と言っていた。簡単なミスが多い」と反省しきりだった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ高校総体
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月30日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 10%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ