スポーツ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県高校総体(神戸新聞社後援)は7日、各地で3競技があり、バレーボール決勝の男子は市尼崎が2-0で神戸弘陵に勝ち、12大会連続21度目(2020年は中止)の優勝を飾った。女子は氷上が2-0で姫路女学院を退け、2大会連続31度目の栄冠を手にした。

 ソフトボールの女子決勝は須磨ノ浦が2-1で神戸野田を破り、7大会連続19度目の頂点に立った。テニスの男子は南颯汰(相生学院)がシングルスのほか、栗山晃太朗と組んだダブルスも制し、団体と合わせて3冠を達成した。

スポーツ高校総体
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ