スポーツ

  • 印刷
日本-タジキスタン 前半、古橋(右)が先制ゴールを決める(撮影・高部洋祐)
日本-タジキスタン 前半、古橋(右)が先制ゴールを決める(撮影・高部洋祐)

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選は7日、大阪・パナソニックスタジアム吹田などで行われ、日本がタジキスタンに4-1で快勝した。古橋(神戸)の先制後に2次予選初の失点を喫したが、南野(サウサンプトン)の予選7試合連続ゴールで勝ち越し。後半は橋本(ロストフ)川辺(広島)の代表初得点で突き放した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ