スポーツ

  • 印刷
ソフトテニス男子団体決勝・市尼崎-神戸国際大付 力強いショットで勝利した市尼崎の飯田(右)、中畑組=いずれも吉川総合公園(撮影・吉田敦史)
ソフトテニス男子団体決勝・市尼崎-神戸国際大付 力強いショットで勝利した市尼崎の飯田(右)、中畑組=いずれも吉川総合公園(撮影・吉田敦史)

 勢いだけではない力強さが勝負を分けた。ソフトテニス男子団体は15度目の覇権を懸けた市尼崎がストレート勝ちで神戸国際大付の初優勝を阻止。真っ赤に日焼けした笑顔で記念撮影に納まる選手を前に、宇治橋監督は「昨年力を発揮できなかった先輩の分も、子どもたちの思いが強かった」とうなずいた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ