スポーツ

  • 印刷
月間MVPを受賞し、会見で笑みを浮かべる阪神・佐藤輝=甲子園
月間MVPを受賞し、会見で笑みを浮かべる阪神・佐藤輝=甲子園

 阪神の大物ルーキー、佐藤輝が早くも“勲章”を手にした。5月は月間打率が3割を超え、19打点はチームトップ。28日の西武戦では1958年の長嶋(巨人)以来、セ新人で63年ぶりとなる1試合3本塁打を放つなどチーム最多の6本塁打をマークした。規格外の22歳は「これからもどんどん取れるように」と月間MVPさえ、通過点と受け止めている。

 「何が何でも打ちに行くスタイルではなく、初球や際どいところは見逃してもいい」。春先は内角攻めなどに手を出したが、意識を切り替えたことで対応力が徐々に上がったという。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ