スポーツ

  • 印刷
全国高等学校体育連盟のマーク(資料写真)
拡大
全国高等学校体育連盟のマーク(資料写真)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県高校体育連盟は11日、第65回県高校総体(神戸新聞社後援)の集中開催期間終了を受け、学校対抗総合得点の暫定順位を発表した。男子は報徳、女子は園田がそれぞれトップに立った。

 総合得点は、各競技で成績順に与えられる学校得点の総計。男子の報徳はバスケットボールの優勝やサッカーの準優勝などで点を伸ばした。バレーボールやソフトテニスなどを制した市尼崎が2位。育英は卓球と剣道で頂点に立ち、3位につけた。

 女子の園田は陸上とバドミントンで優勝し、点を積み上げた。2位の姫路商は卓球などで栄冠に輝き、ソフトテニスや陸上でも健闘。神戸星城はソフトテニスやハンドボールなどで加点し、3位と躍進した。

 昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大で夏季全33競技を中止したため、総合得点の発表を取りやめた。(藤村有希子)

スポーツ高校総体阪神
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ