スポーツ

  • 印刷
報徳高-関学高 前半、先制トライを奪った報徳高の海老沢に抱きつく仲間たち
報徳高-関学高 前半、先制トライを奪った報徳高の海老沢に抱きつく仲間たち

 昨秋の全国高校大会県予選決勝に続くライバル対決は、報徳高が7トライを奪い、関学高に完勝した。「連続で負けるわけにはいかない。俺たちが王者」。試合後、副将のフッカー大塚はあふれる熱意を口にした。

 連覇を「4」で止められた昨秋の完敗を受け、防御の改良に取り組む。「待つではなく、思いっ切り上がる」(山村主将)と、序盤から相手の出足を止めるタックルを決め、西條監督も「きれいに抜かれたのは1本だけ」と合格点を与えた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ