スポーツ

  • 印刷
女子SPで演技する坂本花織
女子SPで演技する坂本花織

 大事な北京冬季五輪シーズン初戦。2大会連続の五輪出場を目指す坂本は、音源が2度ストップするアクシデントにも動じず、新SP曲「グラディエーター」を演じ切った。

 ダイナミックな2回転半を跳び、続く3回転ルッツのタイミングで曲が2度止まった。「最後まで(曲が)かからなかったらどうしよう、と。落ち着いてるとは言えなかった」と笑いつつ、後半のフリップ-トーループの連続3回転も冷静に決めた。振り付けが完成してまだ1カ月弱といい、「去年までとは違う女性らしさを出せるように。今のベストは出せたかな」と高得点での首位発進にうなずいた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月19日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 2℃
  • ---℃
  • 70%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ