スポーツ

  • 印刷
日本-中国 第1セット、ブロックを試みる田中(9)、柳(10)
日本-中国 第1セット、ブロックを試みる田中(9)、柳(10)

 シッティングバレーボールの日本男子は、中国に敗れて8位。大会初勝利も逃したが、主将の柳(フジッコ鳴尾浜オフィス、兵庫県加東市出身)は「世界で戦える希望を持てた」と手応えを口にした。

 第1セットは、手が長く力強い中国のスパイクを何度も拾い、10-10から柳のスパイクで初めてリードも奪った。ただ、「一定のリズムで行ってしまった」と谷河(住友電工伊丹製作所、同県宍粟市出身)。以降はわずか3得点と伸び悩み、突き放せなかった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ