スポーツ

  • 印刷
大阪ガス-三菱重工West 1回、ピンチの場面で三菱重工Westの小田ヘッドコーチ(左)の助言を受ける森(右端)
大阪ガス-三菱重工West 1回、ピンチの場面で三菱重工Westの小田ヘッドコーチ(左)の助言を受ける森(右端)

 三菱重工Westは先発の左腕エース森が3回3失点と粘りきれず、第1代表を逃した。失点はいずれも味方の失策が絡んだが、森は「次(のアウト)を取れなかった僕が悪い」と責任を背負った。

 相手は今夏の日本選手権で2連覇を飾った大阪ガス。森は一回、先頭打者を直球で押して右飛に仕留めたが、直後に2連打を浴びた。迎えた4番を打ち取るも、併殺を狙った二塁手の二塁送球がそれて1死満塁。「しょうがない」と切り替え、後続を空振り三振としたが、続く打者に中前に運ばれて2点を失った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(10月28日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 21℃
  • 9℃
  • 20%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ