スポーツ

  • 印刷
阪神から1位指名を受け、笑顔を見せる大阪ガスの近本光司外野手=西宮市内=2018年10月25日(撮影・藤村有希子)
拡大
阪神から1位指名を受け、笑顔を見せる大阪ガスの近本光司外野手=西宮市内=2018年10月25日(撮影・藤村有希子)
4球団が1位指名で競合し、抽選で広島が交渉権を獲得した報徳高の小園海斗内野手=2018年10月25日、西宮市の報徳高(撮影・吉田敦史)
拡大
4球団が1位指名で競合し、抽選で広島が交渉権を獲得した報徳高の小園海斗内野手=2018年10月25日、西宮市の報徳高(撮影・吉田敦史)

 プロ野球ドラフト会議は11日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。プロ入りを希望する選手に義務づけた「プロ野球志望届」を提出した兵庫ゆかりの高校生、大学生は計14人で。社会人にも有力候補がそろう。1966(昭和41)に始まったドラフト制度。過去最多となる5人もの「兵庫のドライチ」が誕生したのは2018年のことだ。

 ☆小園海斗内野手(報徳高)=広島1位(4球団競合)

 ☆松本航投手(明石商高-日体大)=西武1位(単独指名)

 ☆辰己涼介外野手(社高-立命大)=楽天外れ1位(4球団競合)

 ☆甲斐野央投手(東洋大姫路高-東洋大)=ソフトバンク外れ外れ1位

 ☆近本光司外野手(社高-関学大-大阪ガス)=阪神外れ外れ1位

 オリックス、DeNA、ソフトバンク、広島の4球団が1位指名で競合した小園海斗内野手(報徳高)は抽選の末に広島が交渉権を獲得。小園のほか、根尾昂内野手(大阪桐蔭高)に4球団、藤原恭大外野手(大阪桐蔭高)に3球団と指名が集中したため、西武1位の松本航投手(日体大)が12球団で唯一の単独指名となった。

 続いて、抽選で藤原を外した楽天と阪神、根尾を外した巨人、小園を外したソフトバンクの4球団は辰己涼介外野手(立命大)を1位指名し、抽選で楽天が交渉権を得た。阪神は3回目も外野手を1位指名し、近本光司外野手(大阪ガス)の交渉権を獲得した。

 兵庫のドライチ5人は早くから脚光を浴びた。

 近本は開幕スタメンを獲得すると、長嶋茂雄氏の持つセ・リーグ新人安打記録(153安打)を61年ぶりに塗り替える159安打をマーク。昨季まで2年連続盗塁王にも輝き、阪神の切り込み隊長として活躍している。甲斐野は1年目で勝ちパターンの継投を担い、ポストシーズンでも8試合に投げて日本一に貢献。国際大会「プレミア12」は5試合に投げて点を許さず、日本を初優勝に導いた。

 松本はしぶとく先発ローテに食い込み、俊足巧打の辰己は守備の名手としてもアピール。小園は1年目から勝負強いバッティングで存在感を発揮すると、今季は遊撃の定位置を獲得し、攻守走の若きキーマンとして奮闘している。

 それぞれの出身中学をみると、小園=宝塚市立光ガ丘中▽辰己=神戸市立有野中▽甲斐野=西脇市立黒田庄中▽松本=朝来市立梁瀬中▽近本=淡路市立東浦中-となり、兵庫の旧五国のうち、丹波を除く摂津、播磨、但馬、淡路と広範囲にわたっている。

(大原篤也)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ