スポーツ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 日本ラグビー協会は11日、今月23日のオーストラリア戦(大分)と欧州遠征に臨む男子日本代表37人を発表した。来年1月開幕のリーグワン1部、コベルコ神戸スティーラーズからFB山中亮平(33)ら4人が選ばれた。

 山中以外には、27歳のプロップ具智元(グ・ジウォン)、プロップ中島イシレリ(32)、CTBラファエレ・ティモシー(30)。いずれも代表候補合宿から競争を勝ち抜いた。

 兵庫ゆかりは3人を数える。横浜キヤノンイーグルスのフッカー庭井祐輔(29)=神戸市出身、報徳高-立命大出▽東芝ブレイブルーパス東京のフランカー徳永祥尭(29)=宝塚市出身、関学高-関学大出▽トヨタヴェルブリッツのWTB高橋汰地(25)=兵庫県出身=がメンバー入りした。

 日本代表メンバーは引き続き宮崎県で合宿を行い、10月16日から大分県別府市で23日のオーストラリア戦に備える。その後、遠征に出発し、11月6日のアイルランド戦を皮切りに計3試合を戦う。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ