スポーツ

  • 印刷
オーストラリア戦に向けて決意を語る日本代表FW大迫勇也
拡大
オーストラリア戦に向けて決意を語る日本代表FW大迫勇也
オーストラリア戦の前日取材に応じる日本代表FW古橋亨梧
拡大
オーストラリア戦の前日取材に応じる日本代表FW古橋亨梧

 サッカー日本代表は12日午後7時10分から、埼玉スタジアムでの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選B組第4戦でオーストラリア代表と対戦する。11日は試合会場で公式練習し、公開された冒頭では吉田(サンプドリア)らベテラン勢が盛り上げながらパス回しで汗を流した。

 日本は1勝2敗の勝ち点3で3位と出遅れた。3連勝で勝ち点9の首位オーストラリアに勝てなければ、自動で出場権を得る2位以内が極めて厳しくなる。進退問題も浮上する森保監督はオンラインで記者会見し「厳しい試合の連続と覚悟していた。勝利を目指すことだけ考えて臨む」と緊張感を漂わせた。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本は26位で、オーストラリアは32位。過去の対戦成績は日本の9勝9分け7敗。

   ■   ■

 7大会連続のW杯出場へ正念場を迎えた日本代表。今夏、神戸からセルティックに移籍したFW古橋は「正直初めての経験」とのしかかる重圧を感じつつ「乗り越えればチームも個人も一回り二回り大きくなれる」と前向きに語った。

 7日の敵地サウジアラビア戦は途中出場。「選ばれているからには先発で出たい」とスタメン奪取に意欲を見せ、「僕ができることは攻守に走ること。相手の背中を狙ってどんどん走りだす」と得意の抜け出しから値千金のゴールを狙う。

 最終予選で日本唯一の得点を挙げているエースFW大迫(神戸)も「常に結果を出さないといけないという責任感はある。全員で最高の準備をしたい」と決意をにじませた。(山本哲志)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ