スポーツ

  • 印刷
第2日、3番でティーショットを放つ古江彩佳
拡大
第2日、3番でティーショットを放つ古江彩佳
第2日、2番でティーショットを放つ古江彩佳
拡大
第2日、2番でティーショットを放つ古江彩佳
第2日、3番でティーショットを放つ古江彩佳
拡大
第2日、3番でティーショットを放つ古江彩佳
第2日、5番でバーディーを奪い、笑みを浮かべる古江彩佳
拡大
第2日、5番でバーディーを奪い、笑みを浮かべる古江彩佳

 2週連続優勝を目指す古江は71とスコアをまとめた。2日目をしぶとくアンダーパーで回って11位タイに付け「きのうもうれしかったけど、きょうのほうがうれしい」と納得顔だった。

 この日は終始我慢の展開ながら、パーオンしたホールの平均パット数日本ツアー1位を誇る安定感を発揮。「グリーンが速く難しかったので、耐えるのが多かった」と古江。5番で15メートルのバーディーパットは沈めて地元のギャラリーを沸かせると、後半のバックナインも2バーディー、2ボギーと手堅かった。

 これまで5度のツアー優勝はいずれも“秋”に達成している。大会前に米ツアー予選会への挑戦を表明した21歳は「難しいところでパーセーブできるようにしたい」とひたむきに4打差の首位を追う。(尾藤央一)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ