スポーツ

  • 印刷
兵庫県高校総体男子で3大会連続の栄冠に輝いた報徳の中野椋太主将=6月6日、西宮市の県立総合体育館
拡大
兵庫県高校総体男子で3大会連続の栄冠に輝いた報徳の中野椋太主将=6月6日、西宮市の県立総合体育館
男子の組み合わせ表
拡大
男子の組み合わせ表
兵庫県高校総体女子を4大会連続で制した市尼崎の久保美咲主将=6月6日、西宮市の県立総合体育館
拡大
兵庫県高校総体女子を4大会連続で制した市尼崎の久保美咲主将=6月6日、西宮市の県立総合体育館
女子の組み合わせ表
拡大
女子の組み合わせ表

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)兵庫県予選(神戸新聞社後援)は23日に開幕し、4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。6月閉幕の県高校総体8強校に各地区予選突破校を合わせた男子59校、女子57校が参加し、男女の優勝校は本大会(12月23~29日・東京体育館ほか)に出場する。

 新型コロナウイルス感染予防のため、23、24日は神戸市内などの高校を会場に無観客で開催。30日の準決勝、31日の3位決定戦と決勝は同市須磨区のグリーンアリーナ神戸で、観客を一定程度受け入れる。

 男子でウインターカップ3年連続8強の報徳は、エースのテーブス流河が米国留学で転校。残る選手たちで4連覇を目指す。県総体で同校と接戦を演じた育英が4年ぶりの王座奪還を狙い、三田松聖や神戸科技も頂点をうかがう。

 女子は県総体を4大会連続(2020年は中止)で制した市尼崎と、昨年ウインターカップに初出場した三田松聖が火花を散らす。前回準優勝の神戸龍谷や、県総体でベスト4に躍進した宝塚西も注目される。(藤村有希子)

     □     □

 神戸新聞は試合結果を当日中に電子版「神戸新聞NEXT」で速報します。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月1日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ