スポーツ

  • 印刷

 全国大会で3年連続8強の男子・報徳は、準々決勝で関学に1点差の辛勝。田中コーチは「勝ち切れてよかった」と胸をなで下ろした。

 相手の前のめりの守りやオフェンスリバウンドからの得点に苦しめられ、接戦が続いた。報徳はコート全面を使ったゾーン守備で対抗。同点の残り1秒、中野主将がファウルを誘ってフリースローを決め、振り切った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ