スポーツ

  • 印刷
優勝トロフィーを掲げて笑顔の宇佐美邦久
拡大
優勝トロフィーを掲げて笑顔の宇佐美邦久
最終日、18番で優勝を決めて喜ぶ宇佐美邦久
拡大
最終日、18番で優勝を決めて喜ぶ宇佐美邦久
最終日、18番でパットを放つ桑原克典
拡大
最終日、18番でパットを放つ桑原克典
最終日、10番でティーショットを放つ堀琴音
拡大
最終日、10番でティーショットを放つ堀琴音

 プロとアマチュアがアンダーハンディで争うゴルフの第15回のじぎくオープン選手権(神戸新聞社後援)決勝大会最終日は2日、神戸市北区の有馬ロイヤルゴルフクラブ(男子6729ヤード、女子プロ6594ヤード、女子シニアプロ、女子アマ5748ヤード、いずれもパー72)で行われ、アマチュアの宇佐美邦久(楽天GORA、ハンディ23)が通算8アンダーの136で初の総合優勝を飾った。

 プロの部は4打差で総合3位に入った桑原克典が制し、賞金200万円を獲得した。女子プロ1位は総合32位の堀琴音(滝川第二高出)だった。賞金の一部はひょうご新型コロナウイルス対策支援基金に寄託される。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ