スポーツ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 サッカーの第30回全日本高校女子選手権の組み合わせが4日に発表され、関西女王で21大会連続23度目の出場となる日ノ本(兵庫)は1回戦で前橋育英(群馬)と対戦することが決まった。

 兵庫県高校女子選手権で日ノ本を破り、初優勝した姫路女学院は、開催県枠で2大会連続3度目の出場。1回戦は鹿島学園(茨城)と激突する。日ノ本と姫路女学院は共に初戦を勝てば2回戦で顔を合わせる。

 3連覇を狙う藤枝順心(静岡)は筑陽学園(福岡)と、全国高校総体覇者の神村学園(鹿児島)は聖和学園(宮城)とそれぞれ1回戦で当たる。

 大会は来年1月3日に三木総合防災公園陸上競技場など兵庫県内各地で32校が参加して開幕し、決勝は同9日に神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で行われる。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • 3℃
  • 30%

  • 3℃
  • 1℃
  • 90%

  • 7℃
  • 3℃
  • 20%

  • 5℃
  • 1℃
  • 60%

お知らせ