スポーツ

  • 印刷
鳥栖-神戸 後半、先制ゴールを決めチームメートに祝福される神戸・大迫(中央)
鳥栖-神戸 後半、先制ゴールを決めチームメートに祝福される神戸・大迫(中央)

 勝っても負けても3位は変わらず、イニエスタやフェルマーレンら外国人選手は全員不在。そんな不安要素を吹き飛ばし、神戸が過去最高のシーズンを白星で締めた。

 流れを引き寄せたのは、後半の飲水タイムだ。大迫は言う。「監督の一言が大きかった。引き分けで良しとするんじゃなく、勝ちにいこうとスイッチを入れてくれた」。プレー再開直後に大崎がロングボールを前線へ。武藤が頭で落とすと、大迫が柔らかなトラップから左足を振り抜いた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ