スポーツ

  • 印刷

 陸上の選抜女子駅伝北九州大会は23日、北九州市役所前発着で一般5区間、高校6区間の27・2キロで行われ、一般はデンソーが1時間28分56秒で2大会連続2度目の制覇。東京五輪1500メートルで8位入賞の田中希実(西脇工高出)を擁する名城大・豊田自動織機TC連合がトップでゴールしたが、オープン参加のため順位はつかなかった。高校は筑紫女学園(福岡)が1時間28分51秒で1996年以来、5度目の優勝を果たした。兵庫の須磨学園は2区道清愛紗が区間新記録をマークし、3区石松愛朱加とともに区間賞を獲得するなど上位争いを演じ、1時間31分9秒で3位だった。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止され、2年ぶりの開催だった。

    ■    ■

 オープン参加でも東京五輪代表の存在感を示した。アンカーを務めた田中はさっそうとした走りで10・4キロを33分57秒で走破。2位スタートから18秒差を逆転してトップを奪い、そのままフィニッシュした。16日に全国都道府県対抗女子駅伝に出場したばかりで調子は上がらなかったというが「いい位置でたすきを持ってきてくれたので我に返った」と、りりしい表情で駆け抜けた。

 田中自らが「切磋琢磨(せっさたくま)してきた友達と組みたい」と、中学時代から競り合った同学年のライバルに声を掛け、連合チームを結成。今大会が引退レースだった名城大の高松は「戦友がいたからこそ、もっと上に行きたいと思えた。素晴らしい友達に出会えてよかった」としみじみ話した。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ